副作用

プラセンタの成分は病気の治療にも利用されている

プラセンタというと美容効果がある成分というイメージが非常に強いのですが、そもそも利用され始めたのは医療現場においてでした。
医療現場でプラセンタがどのように利用されたかというと、肝細胞増殖因子というプラセンタ内に含まれている成分を利用し、肝臓障害を予防したり改善したりしていたのです。
肝臓は全体の70%を切除しても元に戻るのですが、その際に働くのが肝細胞増殖因子なのです。
この他にも、近年では様々な症状に対してプラセンタによる治療が行われています。

例えば、自律神経とホルモンバランスの乱れを改善する作用を利用して更年期障害の症状改善を行ったり生理不順や貧血の症状を改善したりするのも1つの利用方法です。
また、プラセンタを利用することで免疫機能が向上するということが分かっていますので、細菌感染などから守る方法としても利用されつつあります。
更に様々な病気の原因となる活性酸素を除去するという働きもありますので、プラセンタを取り入れることは病気の予防ということにとても役立つと言えるのです。
このように、プラセンタはその様々な効果を活かして、美容だけでなく医療現場でもとても役立てられているということが分かります。

このページの先頭へ