副作用

プラセンタに含まれる成分の品質比較

プラセンタと一口に言ってもその種類は1つだけではありません。
ヒトプラセンタ・馬プラセンタ・豚プラセンタ・羊プラセンタなど、原料となる胎盤の動物の種類によって分類されています。
そして、それぞれの動物によって品質にも違いがあると言われています。

一般にサプリメントや化粧品などで使われている、馬・豚・羊でその品質を見ていくと、馬→羊→豚の順に良い品質だそうです。
それはなぜかというと、まず馬は一度の出産で通常1頭しか産まれません。
そのため、プラセンタエキスを抽出した際にアミノ酸量が非常に豊富なのです。

また、特にサラブレッドなど競走馬にされる馬の場合には、環境的にもとても配慮されていますし、エサも気を使われていますので、とても上質なプラセンタができやすいのです。
羊の場合には比較的自然に近い放牧という形で飼育されているというのが馬の次に優れた品質となる根拠と言われています。

そして最後が豚なのですが、豚プラセンタについてはその飼育環境によって同じ豚プラセンタの中でも違いがあると考えられます。
通常の養豚場で育てられているような場合にはストレスも感じやすい環境ですし、エサにも抗生物質などが混ぜられているというケースが多いですので、その分品質にも影響します。
その一方で、環境にもエサにもこだわって飼育されている豚で作られているプラセンタもあります。
豚が原料のものであれば、SPF豚プラセンタを選ぶようにしましょう。

こちらにも詳しくプラセンタの原料や成分について掲載されています。是非ご覧になってください。

このページの先頭へ