副作用

プラセンタ注射は肝臓障害にどのような影響を与えるの?

プラセンタは今では美容のために取り入れているという人がとても多いものですが、その研究や利用の始まりは医療現場からでした。
現在でもプラセンタは肝硬変に有効な薬品として厚生労働省に認可されている唯一のものです。
そのくらい肝臓障害にプラセンタは欠かせないものなのです。

プラセンタには肝細胞増殖因子という成分があります。
肝臓は7割を失ったとしても再生していくことができるのですが、その治癒の段階で働くのがこの成分です。
そのため、プラセンタを取り入れることで肝臓の回復がとてもスムーズに進んでいくのです。
また、高い活性酸素除去の働きがあるというのも、プラセンタが肝臓障害の改善に有効ということの根拠になっています。

なぜなら、肝臓障害の原因の一旦に活性酸素による酸化ということがあるからです。
プラセンタは胎児を酸化から守るために高い抗酸化作用があることで知られています。
この働きによって、肝臓の酸化も防いでくれるというわけです。

酸化はたくさんの病気の原因になることですから、それを防ぐということはとても優れた働きと言えます。
肝臓障害の治療のためにプラセンタを利用するためにはプラセンタ注射を行うことになります。
美容目的などのプラセンタ注射の場合には自費ですが、治療ということになるともちろん保険適用になります。

このページの先頭へ