副作用

プラセンタは種類があるの?

プラセンタと一口に言ってもその種類はたったの1種類というわけではありません。
プラセンタの原料は動物の胎盤ですが、その動物の種類によってプラセンタにも種類があるのです。
まずあげられるのはヒトプラセンタです。

これはヒトの胎盤から作られたプラセンタのことで、主に医療現場で使用されているものです。
ヒトの胎盤ということで感染症などが心配なところですが、二重・三重のチェックを経ていますので安心です。
化粧品などに最も多く使われているのが豚プラセンタです。

豚プラセンタが主流になったきっかけは狂牛病問題で牛プラセンタが使用できなくなってからです。
ヒトと組織がよく似ていると言われています。
放牧で育てられている羊プラセンタは、より自然な状態で飼育されているので品質が良いと言われています。

アミノ酸含有量で非常に優れているのが馬プラセンタです。
特にサラブレッドなどの場合にはエサなどにも徹底的にこだわっているものが多いので、高品質のプラセンタとして知られています。
また、植物性のプラセンタというものもありますが、これには成長因子が含まれていませんので、基本的には動物のプラセンタとは別物と考えておいた方が良いでしょう。
プラセンタ以外にもコエンザイムQ10 http://www.asyerabellas.com/k1.htmlは美容効果が高いと注目されています。コエンザイムQ10も合わせてお飲みしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ