副作用

プラセンタを注射した人は献血に協力できない?!

プラセンタ注射を行うと実は献血ができなくなってしまいます。
それはなぜかというと、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染が理論上否定できないからです。
理論上否定できないからといっても、プラセンタ注射を行うとこの病気になってしまうかというとそういうわけではありません。

むしろプラセンタ注射では体調が良くなる・肌がきれいになるなど良い結果の報告はあっても副作用の報告はありません。
もちろん変異型クロイツフェルト・ヤコブ病への感染ということも報告は現段階ではありません。
しかし、だからといって可能性がゼロではないということで、プラセンタ注射を行った場合には献血が禁止されているのです。

ただし、献血ができないのは注射を行っている場合です。
サプリメントや化粧品などその他の方法でプラセンタを取り入れているという場合には献血をするのにも特別問題はありません。
プラセンタは動物の胎盤から抽出された成分を利用しています。
もちろん安全性と言う点には最大の注意が払われているのですが、それでも理論上変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染が完全に否定しきれないプラセンタ注射に関しては、献血ができなくなりますので注意しましょう。

このページの先頭へ